スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まほろ駅前多田便利軒

まほろ
三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」を読んだ。

主人公・多田は、タイトル通り、駅前で便利屋を営んでいる。ある日、仕事先で高校時代の同級生・行天と再会し、なぜか同居生活が始まる。その1年を描いた作品。

多田も行天もよくいそうな人物ではあるけど、キャラ立ちすぎ。笑
2人を取り巻く人たちも。

だからと言って、すごい展開があるという訳でもなく、ちょっとした事件を織り交ぜながら一年が過ぎていく。ときどきシリアス、ときどきクスッと笑える。
あっという間に読み終えました。

結局は、収まるところに収まるのだなーと。

ちなみに、この本、直木賞とったのですねぇ。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

マッキー

Author:マッキー
メール:
makkiacuariana@hotmail.co.jp

sidetitleBienvenidos!!sidetitle
sidetitletwittersidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。