スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風に舞いあがるビニールシート

森絵都さんの「風に舞いあがるビニールシート」を読んだ。
このタイトルのものを含めた6つの短編からなっている。

大切な何かのために懸命に生きる人たちの話で、それは時には「そんなものですか?」とも思えるものもあったりだけど、そういうものを大切にするのっていいなぁと思う。

最も読み応えのあったのが、表題作。
国連難民高等弁務官事務所を舞台にしていて、命をかけて難民救済に携わる人々の思いとその周りの人たちの思いが錯綜しているところなんかはあり得るといえばあり得るんだよねと。
そしてそれなりの確率で起こりうる悲しみをどう消化していけば良いのか。
いろいろ考えさせられる話でした。

この作家さんの本は初めて読んだ。他のも読んでみよう。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

マッキー

Author:マッキー
メール:
makkiacuariana@hotmail.co.jp

sidetitleBienvenidos!!sidetitle
sidetitletwittersidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。