スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿男あをによし

あをによし

万城目学さんの「鹿男あをによし」を読んだ。札幌に帰っていた時だから、かなーり前。汗

大学の研究室にいた「おれ」は人間関係のいざこざから2学期限定で奈良の女子高の先生になる。ある日、奈良公園の鹿に突然話しかけられて、鎮目の儀式で使う目の運び役に任命されて・・・という話。

なにせ、設定が突拍子ない!汗。鹿がいきなり話しかけてきたら驚くだろうと。
でも、現実離れしたという感じがあんまりしなかったのは文章のせい?
顔が鹿状態になっちゃったり、でも自分にしかそうは見えなかったり、狐やら鼠やらのサブキャラ(?)も出てきたりで。笑

系列の大阪、京都の高校との体育祭(?)でのエピソードを絡めながら、テンポよく最後まで読みました。落ち着くところに落ち着いて良かったなぁと。それからラストシーンは結構良いかと。

奈良の良さが存分に出ていて、行ってみたくなりました。修学旅行以来行っていないなぁ。確か鹿せんべいを半分くらい食べたんだった。人が食べる用では全くなかったのに・・・というのが最大の思い出の一つ。爆

ちなみに、「あをによし」とは「奈良」の枕詞とのこと。たらちねの母みたいなものね。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

マッキー

Author:マッキー
メール:
makkiacuariana@hotmail.co.jp

sidetitleBienvenidos!!sidetitle
sidetitletwittersidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。