スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終末のフール

伊坂幸太郎さんの「終末のフール」を読んだ。
舞台は仙台。3年後に小惑星が落ちて地球が滅亡する!と言われている中でのお話。
8つの(だったかな?)ストーリーからなる短編集。

1つ1つのお話は独立しているのだけど、同じマンション(かな?)に住む人々ということで、共通点はある。
それぞれがごく普通の人たち。普通に生きているのだけど、終わりの時期が分かっている中で、普通に生きていくことは並大抵のことではないんだろうな。
周りの人たちは絶望したり、犯罪に走ったり、だましたりだまされたりしているというのに。
そこに彼らのすごさを感じた。
「普通でいる」って難しい。前々からわかっていたことではあるけど。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

マッキー

Author:マッキー
メール:
makkiacuariana@hotmail.co.jp

sidetitleBienvenidos!!sidetitle
sidetitletwittersidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。