スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーク・サレ・その2

長ネギと黒七味

週末にお花見ダブルヘッダーがあるので、差し入れ用にケーク・サレを焼く。
こちらは、長ネギと黒七味。
以前、京都に行った時に購入した黒七味があったので、ちょうど良い!
1つにつき、小さじ一杯。

長ネギをこれでもか!!というくらい切って、ごま油で炒めて、チャーシューを間に挟むというレシピ。
ちょいとごま油の香りに黒七味が負けちゃったかなーという気がしないでもないけど、まぁ、食べられるものには仕上がった。ホッ。

黒七味もまだ余っているし、チャーシューも残りを冷凍したので、また作ってみよう☆
スポンサーサイト

smile foot peeling

足が!

韓国の化粧品、The Face Shopの「smile foot peeling(スマイル・フット・ピーリング)」。
釜山に行った時に購入。

足の角質がベロベロ(?)剥けるそうで、使ったら足の裏がツルツルになるそうな。
靴下型のビニールの中に、薬剤を入れて1時間~1時間半ほど足をつけておくもので、成分が強いので1時間半以上はつけておかないように教わる。

いざ挑戦!!
特に香りがどうということもなく、つけている間はあまり動けず・・・(動いてもいいのだろうけど、歩きづらい)で、でもあっという間に時間が経ち、足を洗ってこの日は終了。

3日目くらいから皮が剥けてくるそうで、それまでは普通に過ごす。
徐々に足の裏がカサカサしだして、徐々に脱皮状態。笑
もっとベローッと剥けるかと思っていたんだけど、予想よりは全然でした。汗
でも、足の裏はツルツルになったような。

今度は脱皮を目指して(目指すものなの?笑)、そのうち再チャレンジしようっと。

ケーク・サレ

ケーク・サレ

渡辺麻紀さんの「ケーク・サレ」。
誕生日プレゼントにいただいた(希望して購入した)。ありがとうございます。

いろんなケーク・サレが載っていて、こんな組み合わせもアリなんだーと感動。
あ、ケーク・サレとは、甘くないパウンドケーキみたいと言えばいいのかな。

久々に作ってみたい!気分が盛り上がったので、早速作ってみる。
最初のページに載っていたタマネギとベーコンのケーク・サレ。
あ、生クリームない!とか、型が小さいかも!とか書いてある通りには作れなさそうで、早々に適当レシピに。汗
小麦粉の量を減らしたり、生クリームの代わりに牛乳とオリーブオイルで代用したり。

具材を炒めて冷まして粉と混ぜて焼くだけなので、手順としてはかなり簡単。
40分焼いて出来上がりました。

焼き上がり! 切ると…

一応それらしく完成。味もおいしい!
これで合っているのかどうかも不明だけど、まあ、良いことにしようと!
次は、長ネギと黒七味のケーク・サレと、じゃがいもとビールのケーク・サレを作る予定。
←もう調子に乗っている。笑

JUNOESQUE BAGEL

ベーグル

ベーグルのお店「JUNOESQUE BAGEL(ジュノエスクベーグル)」。
自由が丘のお店とのことだけど、この間福岡に行ったときに博多阪急で購入。

スタンダードなベーグルももちろんあるけど、黒豆とか豆乳七穀とか一風変わった感じのもいくつか。
さすがに初めての購入なので、シンプルそうなものを。プレーンやブルーベリー、クアトロフロマッジョなど。

どっしりしたベーグルで、そのままかぶりつけなさそう。汗
半分にスライスしてサンドウィッチにしたり、ジャムをつけたり。
すごく食べ応えありました。オーブントースターで焼くと外側がカリッとしてさらにおいしい☆

シャーロック・ホームズ

ガイ・リッチー監督の映画「シャーロック・ホームズ」。
この間ポルトガルに行った時に、飛行機の中で鑑賞・・・と思ったら、途中で記憶が途切れていた。汗
ちょうど良いタイミングなことに、帰国した後にテレビでも放映されたので、そちらで途切れた記憶をつなぐ。

ホームズとワトソンが頑張って(?)捕まえたブラックウッド卿。処刑されたはずなのに、なぜか蘇っていて・・・というお話。

ストーリーはともかくとして、本で読んでいたシャーロック・ホームズをイメージすると、とんでもないことになる。
全く違うタイプの人かと。あんなにハチャメチャな感じだったかなー。まぁ、味があると言えば、そうなんだろうけど。
それにしぶしぶ振り回されている感もワトソン、良く頑張った!笑

事件は解決したか!と思ったら、To be continued...な感じで次回作もあるんだなーの終わり方(今、上映されているものかな?)。
ストーリー自体は面白かったな。

あと、ところどころ、ジャッキーチェンの映画を彷彿とさせるなーと思ったのはあたいだけ?汗

さかなや

久々のホッケ 魚もつ

長崎市銅座町にある「さかなや」。
大沖縄展で陶芸仲間たちにバッタリ会ったので、夜ごはんを・・・とこちらへ。

ずいぶん新しい感じだなーと思ったら、昨年、こちらに移転されたとのこと。
お店のお母さん(とご自分でおっしゃっていた)オススメのお刺身の盛り合わせと魚もつ(写真右)を頼み、他にホッケとか豚肉の梅しそ揚げ(だったかな?)とか、海鮮サラダとか注文。

魚のもつは初めて食べました。コリッとした部分とやわらかくフワッとした部分でした。紅葉おろしとポン酢につけてさっぱりと。

ホッケも脂がのっていて、すごくおいしい!長崎ではあまり食べる機会がないので、久々でした!
お刺身も新鮮でおいしい!さすが!

海外旅行に行く話で盛り上がったけど、実現するといいなぁ☆
まずは語学の勉強!!

めんそーれ大沖縄展

かき揚げ3種

1年振り?の「めんそーれ大沖縄展」。
週末に行ってきました~

お目当てはかきあげとビール(できれば!)だったので、ぐるっと会場を一回りした後に、かきあげ売り場へ。
予想より大きめなかき揚げがどーんと。3種類ありました。
ゴーヤともずくとあと1つはあおさ?だったかな。
せっかくだったら、3種類とも試したいなーと、詰め合わせのセットを購入。
3種類が2つずつ入って、1050円。

そのままでも楽しめるようにか、ソースと青じそドレッシングが付いていた。ドレッシングとも合うのか・・・
1つずつジップロックに入れて冷凍。
今のところ、うどんの具として活躍。食べ応えあって、おいしい!
何でもかき揚げにできるんだなーと。

オリオンビールも見つけたので、こちらも購入。桜の絵が描かれている限定バージョン?
レジの方の沖縄弁らしき言葉の意味がわからず・・・orz

Porto Trindade Hotel

朝ごはんの1つ

今回のポルトでの宿は「Porto Trindade Hotel」。
良さげなホテルがたくさんあってかなーり迷ったけど、仕事場との兼ね合いで交通の便が良いこちらを予約。
地下鉄全線が停まるTrindade駅から徒歩2分ほど・・・と言っても、ホテルから駅が見える。笑

お部屋はオサレな感じで、なぜか2人で泊まるかと思われていたらしくて、ツインのお部屋。笑
ただ、WiFiが部屋では使えず、ケーブルをホテルから借りる。事前に確認しておいて良かったー。
WiFiは、ロビーと1階のバーと朝食のレストランでバッチリ使えたので、そちらでまったりしながらメールチェックとかしたなーと遠い目。

写真は朝食で毎回食べていたポルトガル名物(?)のパスティス・デ・ナッタ。
濃いめのカスタードクリームが入ったパイ。とってもおいしくて、1日に2個がマストでした☆

アバディア・ド・ポルト

モツ! リゾット

カンジャ

ポルトで食べたものがまだまだあった!
「アバディア・ド・ポルト」。このレストランは気に入って、2日連続で行ってしまった☆
ポルトの中心(?)に近いので、行きやすい場所。
ちょいと高級感も醸しているけど、お値段はお手頃かと。

1日目は、ポルトで是非食べておかなくっちゃ!のモツ煮。
ポルトでは良く食べるとのこと。
案の定、お鍋に入って登場!汗

モツと白い豆がトマトっぽいソースで煮込まれている。
日本のモツ煮とはちょいと違ったものだけど、こちらも美味。
モツ好きの人には良いかと。

2日目は魚介のリゾット。こちらもお鍋いっぱい。汗
魚介がいっぱいだったけど、すり身っぽいのも入っていた。
お出汁がいい風味でした。

この日は、カンジャ(チキンコンソメスープと言えばいいのかな?)も食す。
あっさりしたスープがお腹にやさしかった。
中に入っているお米みたいな形のパスタも適度な柔らかさで食べやすい。

他にも、お肉料理とかガッツリ感のあるものもおいしそうでしたよっと。
それから、お店の方がすごーく親切でした。

今週の陶芸☆

できあがり! 塗らない梨

久々の陶芸教室。ずいぶん前に釉薬をかけた陶箱が焼き上がっていました。
線をもう少し濃く描ければ良かったかなぁ。

そんなこんなで。梨の仕上げから。置物の方は、ちょっと磨いて、素焼きへ。
色付けは釉薬で。青銅マットとそばをかける予定。

塗った梨 器

梨の陶箱の方は、磨いて色付け。先生に黄緑色の色絵の具を作ってもらって、それをペタペタ。
葉(梨の葉ってこんなものなのかは疑問。汗)は緑色、茎(?)はこげ茶を。

もう少し時間がありそうだったので、久々に器を。
玉作りで深めで少し大きめ(だと信じたい!)に形作る。全くの手作業なので、大きさが同じになるかは不明。
一応測りながら作ってはみたけど。

あっという間に3月の陶芸もおしまい。

クラブハリエ

バームクーヘン

福岡は博多阪急の地下(だったかな?)にある「クラブハリエ」。
こちらのバームクーヘンがえらく人気なんだそう。
滋賀のお店とのこと。

買い物の合間にこちらのカフェで一休み。
ちょっと並んだけど、ちょうど良く入れ替わりだったみたいで、すぐに入店。
もちろん、バームクーヘンを注文。それとアールグレイ。

バームクーヘンはお上品なことに4つに切られて出て来た。まさかまるごとという訳にもいかないか。汗
どちらかというと軽めの口当たりで、でもしっとりしたバームクーヘンでした。
お昼ごはん食べたから、結構満腹だったにもかかわらず、ペロリと完食。笑

1つくらい買って帰ろうかなーと思ったけど、販売のところはすごい行列で、あきらめる。
福岡で買い物するのも大変だ!

談四朗キッチン

ちゃんぷるー

JR博多駅の上にある「談四朗キッチン」。
釜山から帰って来て、こちらでお昼ごはん。休日の博多駅はすごい人だかりだねー。

沖縄料理ということで、いろいろ魅惑的なメニューがあったけど、ゴーヤチャンプルーのセットを注文。
ゴーヤチャンプルー、沖縄そば、じゅーしーと勢揃い。

この時期にゴーヤチャンプルーが食べられてラッキー☆ポークとお豆腐が入っていて、さすが本場!という感じ。
沖縄そばは、おつゆが優しい味。
特に気に入ったのは、じゅーしー。お腹いっぱいでなければお代わりしたかったな。ひじきがたっぷりでした。

他に、白身魚のフライも付いているので、ボリュームはたっぷりです!

お粥屋さん

あわびのおかゆ

釜山は西面(ソミョン)にあるお粥屋さん。すみません、名前がわからず・・・汗
こちらで朝ごはん。泊まったところのすぐそばにありました!

お粥と一口に言っても、いろんなものがあるのねー。
お米の粒が残ったお粥から、もっとドロッとしたお粥もあるそうな。
あたいは、アワビのお粥を。

アワビそのものを楽しむというよりは、アワビの味を楽しむお粥。
朝だから、このくらいがちょうど良い!
いい味わいでした。

付け合わせもたっぷりで、お腹パンパン。でも、すぐにお昼ごはん食べちゃったりして。笑

店内はモダンでキレイでしたよっと。お店の方もすごく親切でした。
西面のミリオレというビルの近くです。

ケミチブ

たこともつ 海鮮鍋

釜山は南浦洞にある「ケミチブ」。
こちらで大宴会☆メンバー全員が勢揃いだったもの!

オススメの海鮮鍋とタコとモツの鍋を注文。
海鮮鍋はお出汁がめちゃめちゃおいしくて、シメのラーメンも美味!
タコとモツの鍋はもう少し味が濃くて、お酒に良く合う味。
こちらのシメはご飯で。これもおいしい!

チヂミ

チヂミもやってきた。カリッとふわっとですごくおいしい!
本場ものが食べられて大変満足でした!

お腹いっぱいだったのに、その後にワッフルとかホットックとか食べちゃったのはここだけの話です。汗

ソムヂンカン

しじみが入っている サバ

釜山観光ホテルそばの「ソムヂンカン」で最終日の朝食。
船に乗る前に・・・と。

こちらはしじみスープで有名とのことで、もちろんをそれを注文。
普通にスープとごはんと付け合わせかな~と思っていたところ、それとは別に大皿がどーんと。

サバ大根とのこと。
ピリ辛に味付けられたサバと大根。煮込まれ具合がいい感じで、ピリ辛さもご飯にちょうど良い。
サバ大根定食ではないかと思うくらい。でも、しじみスープ定食。
しじみスープは2日酔いに効きそう・・・とはいえ、2日酔いではなかったのだけど。爆

朝から訪れて良かったな。大満足の旅でした!まだまだ食べたものを紹介します☆
sidetitleプロフィールsidetitle

マッキー

Author:マッキー
メール:
makkiacuariana@hotmail.co.jp

sidetitleBienvenidos!!sidetitle
sidetitletwittersidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。