スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽坂茶寮

お茶
東京は神楽坂の路地裏にひっそりと佇むカフェ「神楽坂茶寮」。
それでも、すごーく有名なお店なんだそうで、お客さんがどっさり。

食事の後にお茶でもしようかとここへ。満席だったので、外でおしゃべりしながら待つ。そうこうしているうちに風が強くなり、メドゥーサ状態になったあたい。笑

やっと中に入り、注文。おいしそうなデザートなど盛りだくさんだったけど、お腹いっぱいで。今回はお茶だけにしました。数杯飲めそうなハーブティに、お茶請けもついてきて、結局はこれで大満足。

昭和の香りただよい、ゆっくり落ち着けるお店なので、まったりするにはいいかと。はい。
人はたくさんいますが。汗
スポンサーサイト

紺屋

外観 空豆

東京は神楽坂にある居酒屋(?)「馳走・紺屋」。
中国行き前日に連れて行ってもらいました♪

店構えからして雰囲気良さそう!が漂っている。ちょっと場違いかも・・・と心配しながら店内へ。

そしたらですねぇ。店内には三味線の演奏者がいらして、生三味線が聴けるのだ!!
途中からはほぼ貸し切り状態だったので、演奏の方も独り占め!!笑

そんな高級な香りプンプンの中、洗練された春の味覚をいただく。写真は空豆焼き。隣の方が頼んでいたのがこれだろう!と食べてみたくて注文。

結構食べたような気がするのだけど、意外にリーズナブルな値段だったのは、翌日の出発を考えて、お酒を1杯しか飲まなかったからかな?笑

まかないこすめ

どら焼き
神楽坂にあるコスメショップ「まかないこすめ」。
金沢生まれ、神楽坂育ちとのこと。お肌に良さそうな化粧品や化粧小物の数々が置かれていた。

気になったモノもあったのだけど、これから中国に飛び立とうとしているのに、買いまくってもどうなんだろう?と、今回はグッと我慢。涙

その代わりと言っては何だけど、なぜか店内で売られていたどら焼きを購入。
名前は「弁えのある(わきまえのある)、どらやき」と言うそうな。

卵や乳製品などを一切使っていない、マクロビオティックなどら焼き。

店内にもカフェスペースがあったのだけど、すごーくくつろいでいる方がいらっしゃったので、外で食すことにする。
昼間の明るい場所でゆったり・・・だったら良かったのだけど、辺りはもう夜。
暗闇でどら焼きを頬ぼっているのはどうなんだろう?と思った夜でした。笑

中国旅行最終日:宴のあと

海鮮!
中国からは帰ってきたけど、家に帰るまでが遠足・・・ということで、お付き合いのほどを。

最終日は長崎への移動。羽田空港では、全国うまいもの展(だったかな?)なるものが開催されていたので、おいしいものゲットしようと会場へ。
北海道は長万部から来たという海鮮丼を購入。お昼に飛行機の中で食べよう!と。
ここで、やっと和風なものを食すことになる。

中国でいただいた高級そうな花瓶が入った紙袋が破れて、あやうく花瓶を落とすところだったこと以外は無事に帰宅。
これにて、中国珍道中記もおしまいです。お世話になった方々、特に尊敬する黒酢会メンバーには感謝しております☆

旅の総括。

マッサージに行った回数:3回
平均睡眠時間:約3時間
体重の増減:マイナス2キロ←毎晩飲んだくれていたのになぜ??笑
使用したウコンの力(顆粒):5袋
飲んだお酒の量:カウントレス←というより、覚えていない。
楽しかった旅の思い出:プライスレス

・・・って、最後はカード会社のCMみたいですが。笑

中国旅行7日目:終わりの始まり

飛行機
いよいよ帰国の日。天津からバスで北京の空港へ。
空港でゆっくりとお土産でも選ぼうかなーという野望は、空港に到着したのが出発の1時間半切っていたという事実に打ち砕かれる。涙

チェックインから出国審査、荷物検査、搭乗口までの移動と、ほぼダッシュでクリア!!
かろうじてお茶とお菓子をちょっと買えたくらいの時間のなさ。涙

それでも、飛行機に乗る時には、テンション高かったようで、Kさんの搭乗する姿・ゴルゴ13バージョンなどをみんなで激写して、あんたらいつ飛行機に乗ってくれるんだい!くらいの勢い。

飛行機の中は中で、隣のSさんとほぼ4時間の弾丸トーク。あたい、飛行機乗って寝なかったの初めてだったかもしれない。やればできる子!←子なのか?笑

ということで、日本に無事帰国。そこで、はい解散!とはならなかったのが、すごいところ。
あたいは、東京に1泊だったので、東京在住のフォトジェニックなSさんとMさんと3人で打ち上げ飲み。しかも中華料理って。笑
またまた楽しい時間を過ごす。お付き合いありがとうございました☆
お店はすごーくおいしかったので、後日別に紹介します。

中国旅行6日目:ミッション・コンプリート

新幹線? 街並み
この日は天津への移動からスタート。中国の列車に乗るんだ!とワクワクしながら駅に向かうと、そこにはどこかで見たことあるような車体が・・・新幹線みたいですね。汗

車内もそんな感じ。とはいえ、乗り心地の良さは格別でした♪
車内の文字放送の顔文字(1度しか見られなかった・・・と隣のYさんと残念がってました。涙)に驚きながら、天津に到着。

天津はヨーロッパ風な建物も数多くあり、今回訪れた街の中ではイチバン気に入りました・・・って写真は思いっきり中国風ですね。汗
いい写真が撮れなかったので、すみません。涙

それよりも、何よりも。天津の街並みを楽しむこと以上に、今日は重要なミッションを抱えていたのであーる。

中国滞在中に、すごーくお世話になったSさんにサプライズプレゼントするというもの。Sさんにはあちこち連れて行ったもらったり、通訳してもらったり、ティッシュもらったり、挙げ句の果てには値切ってもらったりと、おんぶにだっこに肩車で、両腕にしがみつくくらい、お世話になっちゃいました・・・ということで、黒酢会メンバーでプレゼント&メッセージをあげようと。

プレゼントは、当日は買いに行く時間がなかろうと、前日の夜、「お世話になった方のためにお茶を選びたいのだけど・・・」とホテル近くのお茶のお店についてきてもらって、良さそうなお茶を選んでもらう。そう、自分がもらうはずのお茶を選んでもらっちゃっていたのですねー。笑
まぁ、ウソついた訳ではないので、勘弁してください。汗

そして、メッセージを書いてもらう紙の入手。色紙か絵はがきでも・・・と思ったんだけど、色紙はともかく、絵はがきすらどこにも売ってない!!汗
同じくサプライズ予定だったスヌーピー好きのSさんと昼食後のわずかな時間に走り回って、見つけたのが、天津名物(?)の切り絵。裏が白地だったので、これで何か書けるだろうと。必要は発明の母。←そうなのか?

お店の方がいろいろと切り絵の説明をして下さっていたのをほぼ右から左に受け流し、おめでたそうなのを選んで購入。

スヌーピー?
で、入れてくれた袋がコレ。笑
スヌーピーなんですかね・・・汗
スヌーピー好きのSさんは愕然としていたようでした。

夕食の時間もみんなでアイコンタクトしながら、こっそりとメッセージを書いてもらい、打ち上げ会場で人が引けて、ほぼメンバーだけになったところでプレゼント。
バレバレだったかなーと思ったのだけど、ホントにサプライズだったようだ。不自然にストールにくるんだ物体を持ち歩いていた時点で相当アヤシかったと思ったのだけど・・・

喜んで下さったようで何よりです♪

そんなこんなで、お酒を飲み、お茶まで飲み、しゃべりまくって、ほとんど寝ないうちに中国最後の夜が明けた。


中国旅行5日目:涙と笑いと流行語

この日は孔子の生まれ故郷の曲阜への旅。

最初に孔子やら儒教やらの講演を聴くことに。これが自分の中にスッと入ってきて、感動ものだったのですよ。
自分の中ではっきりしないままずっと抱えていたものが、ああこういうことだったのだと実感。
さすがにちょっとフラッとウルッと来ちゃいました。

気持ちを落ち着かせようとしながら、チラッと隣のKさん&Kさんの方を見やると、ちょっとした文言がツボだったようで笑いをかみ殺している!笑
始まる前に交わした会話を思い出し、あたいまで思い出し笑いで苦しい思いをする。
逆の隣のSさんはあたいの姿を見て、さらに感極まったと勘違い。ティッシュやら何やらを必死で探して下さっていた慌てっぷりがおもしろかったのだけど・・・申し訳ありませんでした。汗

この時の話とは、あいさつにやたら「尊敬する」っていう語が付くから、自分でも言ってしまいそうだよねということ。この頃から、みんな、お互いを呼ぶときには必ず「尊敬する○○さん」と言うようになる。
今回の流行語大賞でしたね。笑

大成殿 お墓

その後、孔廟、孔府、孔林という世界遺産を見て回る。あまりにも広大かつ歴史的重みが感じられる場所でした。
時間の流れがここだけ違うような。

そのような高尚な場にいながらも、赤い大根(写真左下)をおやつにいただいたり、不思議写真を撮りまくったり、お手振りポーズを指導したり、お参りポーズを強要したり、行動は高尚さとはほど遠い部分があったかも・・・

大根? お酒

夕食にでた白酒。40%近くあるインパクトさ+日本酒っぽいとのことで、レンゲにちょこっとだけもらって味見。
これはキケンそうなお酒だ!

ホテルに戻った後、前日行けなかったワインバーに行ってみる。われわれの他にも日本人率がやたらに高いバーとなってました。笑

実は、この辺りから、密かにとあるミッションがスタートしていたのだ。翌日のお楽しみっと☆

中国旅行4日目:飲みは続くよどこまでも

夜食 夜食
中国滞在も折り返し。この日はバスに乗りっぱなしな時間が多かったな・・・
結構な郊外に出向き、北京などではあまり見られなかった素朴な街並みを見られたり。
時代までも違うように思える。

お昼は、初めてと言っていいくらいなお魚料理の登場!!川魚のようだけど、クセもなく、あっさり食べられる。
そして、特に気に入ったのが、左の写真の左下にある葱らしきものが入った炒め物を春巻きの皮のようなものに包んで食べるもの。葱らしきもののシャキシャキ感がグッドでした。

途中でお茶が入ったポットがどこかに行ってしまったので、コーラとともに味わう。
これが結構マッチする。

チーズとワインのマリアージュ的なノリで、「葱とコーラのマリアージュですかねぇ」と言ったところ、同席していたMさんが「葱が進みますよね」などと発言。
・・・普通はコーラの方が進むのでは??とこの日もまた名言が生まれる。笑

午後の活動も終え、夜は変面(でしたか?顔がコロコロ変わる芸)などを鑑賞しながら、ワインなどを楽しむ。
もちろん、それだけでは物足りなくなり、黒酢会の面々で飲みに行く話になったのだけど、とりあえずはマッサージ組に加入。
高級そうなマッサージ店で、個室で足と背中のマッサージを受ける。結構恥ずかしい思いをする。照

その後、お腹空いた・・・な方々に付き合い、中国にいるのになぜか韓国料理店に行き、辛ラーメン(要するにインスタントラーメン)を食す。
夜中のラーメンって、日本にいるときとあまり変わらず。笑

で、飲み組に合流!と思ったら、お店が閉まる寸前だったようだ。
今日は飲みはナシかな・・・なんて一瞬だけ思ったら、何とワインショップでワインを買って部屋で飲もう!ということになる。どんだけ~by IKKO←久々に聞いたわ。

2本のうち1本を選ばせてもらい、比較的好評だったようで、ホッとする。
話題は、中東の衣裳情報(・・・でしたよね?)。そちらに大変お詳しいKさんから、オバQ、ゴルゴなど新たな知識を得て、この日は終了。

中国旅行3日目:ゴジラで激論&黒酢会結成!

故宮 鹿?
この日は観光メイン。まずは故宮博物院へ。あのラストエンペラーの舞台になったところとしてあまりにも有名。
歴史に詳しい方からいろいろ豆知識などご教示いただきながら見て回る。
歴史の重みが感じられるところが随所に、ああ、あたい、この場所にいるんだ・・・と感動。
それにしても、鹿の表情が何とも言えない。笑

昼食時にちょっとしたハプニング。黒酢をお土産に買ったEさん。蓋がちゃんとしていなかったようで、少し袋が傾いたらお酢が漏れた!!!これはさすがに交換してもらったようだけど、この日は、飛行機に乗る予定があり、黒酢は機内には持ち込めない(液体だから)→必然的にスーツケースに入れることになる→お酢が漏れると、スーツその他が黒酢まみれになる恐れがある→お酢の香りを漂わせて、予定をこなさないといけなく、すっぱい感じになる、という悪循環が予想され、みんなの注目、いえ、心配の的に。

午後は博物館へ。いろいろあったけど、北京市の模型に目が釘付け。ここで、なぜか、ゴジラのことを思い出す。
ゴジラが北京に現れたら、どんな感じになるのかを、ひたすら妄想し、大激論。
Kさんにゴジラの身長・体重をググってもらったりした結果、北京にある高層ビル群だと、ゴジラはそれらを見上げる形になるようだ。そんなゴジラ見たくない!!涙

夜、飛行機で山東省へ。みんなが心配していた黒酢は漏れることもなかったようだ。
それをお祝いするために夜は、タイ料理店もどきのお店でカンパイ!!この日飲んだメンバー中心に「黒酢会」なるものが結成され、この後、ほぼ行動をともにし、毎晩飲んだくれることに。笑

中国旅行2日目:黄砂に吹かれて?

鳥の巣 あわあわ
さて、中国2日目。外に出てみると、晴れているようだけど、空が青くない!!!
黄砂が飛び交っているとのこと。この日の黄砂のすごさはニュースになったくらい。マスクは必須!!

この日はこの旅イチバンの大役を仰せつかっていたので、それまではそわそわ。とりあえず(?)無事に終わってホッと一安心。

バスの車窓からだけど、北京オリンピックのスタジアム「鳥の巣」と水泳会場だったプールなどを見学。
どちらも摩訶不思議なデザインでした。黄砂で写真がよくわからないですね・・・すみません。涙

夜はゴージャスな宴会で、いままで見たことのない種類の人たちに遭遇。笑
いやぁ、相当なインパクトでした。
またもやビールに、この日はワインもがぶ飲み。

で、その後にまたまたマッサージ。7~8人で大部屋を占領し、足つぼやられたり、全身マッサージされたり。
あたいは全身マッサージ組でした。

ふと気がつくと、この日のマッサージメンバーのお一人、Hさんがマッサージ嬢から熱烈アタックを受けていた。このまま北京に居残りか!!くらいな勢い。あんなアタックは初めて見たかも。相撲でたとえると、相当な突っ張りぶり・・・ってなぜに相撲にたとえる??笑
Hさんは可哀想なくらいタジタジになっていたけど、われわれにはいかんともしがたく。

そんなこんなで2日目の夜は更けていきました。

中国旅行1日目:波乱の幕開け

さて、中国に向けて出発!と早朝にホテルをチェックアウト。
ホテルの方が「雨が降っていますが、大丈夫ですか?」と心配して下さる。雨ですか??と外に出てみると、予想外の大雨。涙
傘はスーツケースの中。面倒なので、雨の中バタバタと駅へ。

するとですねぇ。成田空港行きをはじめ、JRが雨と風のためすべて運休。
呆然と駅に立ちつくす早朝のあたい。

JRが止まっているなら、飛行機も飛ばないかも・・・と期待しつつ(なぜ?)、関係各所に電話してみたところ、飛行機は予定通り飛ぶとのこと。
何としても来て下さい!的なことを言われ、清水の舞台から飛び降りる気で、タクシーにて空港に向かうことに。

大雨と強風の中、高速道路を突っ走るタクシー。不謹慎にも、暴れん坊将軍のテーマを思い出す。
結局は集合時間前に到着。タクシー代、1万3500円払った甲斐があったというもの。良かった、良かった・・・よね。グスン。涙

空港
そんなこんなで、飛行機はちゃんと飛び、北京に到着。すごーく近代的な空港でしたよ。

京劇 街並み
夜はビールに料理に京劇。やたらにビールを飲んだような気がするのは気のせいだろうか??笑
そして、ホテルにチェックインし(やたらに立派でおののく)、散策&マッサージのお誘いをいただいたので、お出かけ。
散策終了後にマッサージ屋さんに行こうとタクシーを捕まえるも、場所がわからないだの、地図が見えないだの、すごい理由をつけられて5台くらい振られる。商売っ気があるんだか、ないんだか。

苦労してたどりついた(あたいが苦労した訳ではないけど・・・汗)、足つぼマッサージ。気持ちよかったけど、ソフトな感じでした。

こうして、盛りだくさんな一日が終了。

中国旅行0日目:神楽坂散歩と嵐の予感

神楽坂
今回の中国行き。東京で顔合わせをし、成田空港から中国に向かうとのことで、前泊が必要となる。
長崎出発前夜になっても、ほとんど準備をしておらず、泣きながら荷造り(←いつものパターン。笑)。
朝4時起きで東京に向かい、顔合わせ。お酒を相当飲むことになるようで、それに備えた方がいい!という話が印象的・・・ってそれだけかい!!ウコンの力を持っていこうと固く誓う。

終了後、せっかく東京に行くのだから、遊んじゃおう!と、Wさんと神楽坂散歩。お付き合いありがとうございます。

神楽坂は、特に外国人に人気のあるスポットらしく、和の心を刺激させるたたずまいにオサレなお店の数々。散策して楽しいところでした。キャッキャ言いながら、写真を撮ったりして。
時間に制約があり、じっくり巡ることが出来なかったので、リベンジ決定!
お店は後日紹介します♪

後ほど合流したAさんも交えて語らい、宿泊先の千葉に向かう。ホテルでスーツケース開けたら、持ってきたハトムギ化粧水が漏れたようで、スーツとコートにちょいと被害。涙
ハトムギくさいスーツやコートを着るわけにいかないので、応急処置をして就寝。

とも也

肉ぶっかけ 鯖寿司
長崎市賑町にある讃岐うどんのお店「とも也」。
陶芸教室の前にここで腹ごしらえ。

いろんな種類のうどんにかなり迷いつつも、肉ぶっかけうどんと鯖寿司を注文。
注文を取りに来てくれたり、運んでくれたりした看板娘さんの愛らしさに心が和む♪

ほどなくして運ばれてきたうどんとお寿司。どちらもえらくボリューム満点!!
お腹パンパンになりながらも、もちろん完食☆
うどんにかけたすだち酢(・・・だったかな?)がとても合いました。

ここで、あたいが高飛びする話になったのだけど、中国とは中国地方のことではないし、孔子は子供の牛ではないですよ・・・ということで。このやりとりのおかげでうどん吹き出す寸前でした。笑

ということで、「中国」に高飛びし、「孔子」の故郷に行ってきます♪

今週の陶芸☆

釉薬かけ 次もお皿 

もう3月最後の陶芸教室。時が経つの早すぎ。汗

前回やっとこさ色塗りが終わったお皿たちの素焼きが終わっていました。ということで、釉薬をかける。
釉薬かける時に指で押さえていた部分にも釉薬をつけようと悪戦苦闘していたら、釉薬がつかなくなる。涙
重ねづけ過ぎるのも良くないのだそう。しかも、水分を含んでしまっているので、乾いてからでないと付け直しもできないそうな。今更ながら、陶芸って奥深いのぉ。←自分の失敗のせいではないか!!

乾燥してもらってから筆でこそっと釉薬つけて修復。せっかく2回分かけて色つけをしたので、ちゃんと焼き上がっていますように!!!

で、今回は久々の土練り作業。最近おなじみの黒土で、四角いお皿を2枚・・・って写真には1枚しか写っていないですね。汗
どなたかの型紙を借りて(←あたい、ずうずうしい・・・)、その型紙に合うように土を伸ばすのが結構大変でした。
また何か絵を描こうっと。

今回は久々にいつものメンバー全員集合!で、これまた楽しい陶芸でした♪

ZHANG'S

コラーゲンたっぷり
福岡市天神にある「ZHANG'S(ヂャンズ)」。福岡でも老舗の中華料理店である福新楼の系列らしい。
カフェ風で気軽に入れる感じでした。

ここはお粥と麺がメインとのことで、たくさんある種類の中から、どれにしようかかなり迷う。むむ。
あたいは、鶏絲湯麺なるものに決定!鶏肉がたっぷり、あっさり味のスープでした。
酢女なので、テーブルにおいてあった3種類くらいのお酢をドバドバかけて味の違いを楽しんだりして。汗

ここのウリは、すべてのお粥、麺メニューにコラーゲンが付いてくること。小鉢にたっぷり入っていて(50グラムあるそうな)、スープに溶かして食べる。
この日は夜更かししたので、翌日にお肌プルンプルンになっていた!という実感はなかったのだけど、スープにキラキラと溶けていく様子は目も楽しませてくれましたよ☆

sidetitleプロフィールsidetitle

マッキー

Author:マッキー
メール:
makkiacuariana@hotmail.co.jp

sidetitleBienvenidos!!sidetitle
sidetitletwittersidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleフリーエリアsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。